なるべく急いで骨盤矯正!

重要!産後の骨盤矯正!

女性は骨盤の歪みが原因で様々な不調をもたらす事が多いと言われていますが、出産後の女性は特に要注意です。妊娠すると、出産までの間どんどんお腹が大きくなっていきますよね。そのお腹を支えている骨盤も例にもれず、お腹のふくらみに合わせて開いていきます。
骨盤がなぜ開いていけるかというと、「リラキシン」という女性ホルモンが骨盤の靭帯をゆるめているおかげなのです。もちろんこれは妊娠中には欠かせない働きなのですが、靭帯がゆるみ、開いてしまった骨盤を出産後そのままの状態で過ごしてしまうと大変です。ようやく出産を終えたかと思ったら、今度は育児ですよね。赤ちゃんと接するには、前かがみや背中を丸くしてしまう事が多く、姿勢が悪くなります。抱っこなどで腰への負担もかかります。こうした育児での影響で、出産後の不安定な骨盤に大きな歪みが生じてしまうのです。
出産後の育児での腰痛・肩こり・体重増加・不眠・イライラなどの症状はよく耳にしますが、この原因に、骨盤の歪みも大きく関わっているのです。出産後の骨盤を必要以上に歪ませないためには、無理をしない程度の腹筋運動、整体やカイロプラクティックでの骨盤矯正、整えた骨盤を戻らない様骨盤ベルトを使用する、などのケアを早めに行う事が重要です。

骨盤がゆがむと辛い!だから骨盤矯正

体の不調がある時、どうしてだろうと悩むことがあります。なんとなくだるい、体を動かすことが辛い等あります。その時、もしかしたら骨盤がゆがんでいることが原因かもしれません。骨盤と言うのは、体の中心となっています。そのため、その体の中心にある骨盤がゆがんでしまうと、様々な問題が起きるのです。その一つに、腰部が痛くなることがあります。骨盤がゆがんでいると、腰に無理な力が入る事になるのです。その結果、腰部が痛くなります。また全身の血流も悪くなるので、その結果、肩こりや首こりも起きやすくなるのです。
以前よりも起きることが多くなったと思った時には、その原因として骨盤のゆがみがあるかもしれません。また骨盤は、大きな血管が多いのでその血管の血流がが歪みによって、良くなっていないこともあります。そのため、血流が悪くなり体全体の代謝が悪くなります。骨盤矯正をすると、便秘が改善したということもあります。また肌の調子が良くなったと言うこともあるでしょう。それは全て、血流が良くなって代謝が良くなった結果なのです。そのことから、骨盤がゆがんでいて体調に異変がある時や、美容面で肌のトラブルが増えていると感じている人は、骨盤矯正をすることをおすすめします。